いぼの種類と治療方法を知っておこう|医師に切除してもらう

治療方法

女の人

いぼの治療方法に悩んだときは、専門医に相談してどういった切除方法があるのか調べてみましょう。治療方法によって、メリットもデメリットも異なるため重視するポイントで選んでみてください。

保険適用治療

カウンセリング

いぼを切除する方法は幾つかありますが、治療方法によって保険を使うことができるか、できないかが変わってきます。そのため、保険を使った治療を受けるべきか、使わない方法でも大丈夫なのかを自分で調べて治療方法を選びましょう。

術後のケア

婦人

いぼの切除治療を受ける人は、施術後のアフターケア方法もしっかりと調べておきましょう。早く完治させるためには、適切なアフターケアが必要になります。こういった方法以外にも、予防ケア方法などがあるため一緒に調べてみてください。

首いぼの種類

女性

ふと鏡を見た瞬間、自分の首にいぼができていてショックを受けたことがあるという人は少なくないでしょう。いぼの種類にもよりますが、中には目立ってしまうタイプもあるため、お洒落に感心の高い女性なら、早く取りたいという衝動にかられてしまいます。しかし、首いぼを自分で切除してしまうことは大変危険なことと言われているため止めておきましょう。首いぼの種類によっては、感染してしまう可能性もあるため注意が必要です。ですが、どういった種類のいぼなら安全で、危険なのか分からないという人も多く存在します。そういった場合は、首いぼについて調べてみてください。いぼには、幾つかの種類があります、スキンタッグやアクロコルドンなど老人性のいぼと尋常性疣贅や扁平疣贅といったウイルス性のイボです。スキンタッグやアクロコルドンは、紫外線や加齢が主に原因と言われています。スキンタッグの場合、3ミリ程度の大きさでハサミでも切り落とせそうな細さになっていますが、痛みはあるため自分で切除してはいけません。アクロコルドンは、中高年や肥満タイプの人が発症しやすくホクロに似ているという特徴があります。平らな形をしているため、アクロコルドンも自分で切除することはできません。この二つはウイルス性ではないため、人に感染することはありません。しかし、原因を取り除かなければ徐々に増えてしまう可能性もあるため、首いぼに気がついたときは早めに病院を受診しましょう。スキンタッグとアクロコルドンはウイルス性ではないため、感染することはありませんが尋常性疣贅や扁平疣贅はウイルス性のため傷口から感染してしまう可能性があります。尋常性疣贅は、ヒトパピローマウイルスというウイルスから感染してしまいます。感染タイプのいぼでは最も多いと言われているタイプで、感染したばかりの時期はほとんどの人が気づくことはありません。しかし、放っておいてしまうと徐々に大きくなってしまい目立つようになってきます。色は灰色や褐色のような色をしているため首にできてしまうと、ひとめで分かってしまうでしょう。尋常性疣贅を病院でではなく、自宅で切除してしまうと傷口を触った手から他の部位や、家族などに感染してしまうため必ず病院に行って処置してもらいましょう。扁平疣贅も、ウイルス性ですがこのいぼは比較的若い年齢の人が発症しやすいと言われています。ウイルス性のいぼは食生活の乱れや生活習慣の乱れ、免疫力の低下が原因で発症してしまうため首いぼを予防したい人は、健康的な生活を送るようにしてください。こういったタイプ以外にも、脂漏性角化症といういぼも存在します。このタイプは、肌のターンオーバーが乱れてしまうことで発症してしまうと言われています。老化現象の一つとも言われているため予防したい人は、新陳代謝を上げ、肌のターンオーバーを整えるようにしましょう。クリームや内服薬などで治療することもできるため気になる人は、調べてみてください。